本文へジャンプ

Press Release

フロートロボットを活用した水中点検の実証実験を大阪府内で実施へ

―人が行う河床やダム底の測量作業を支援し、安全・高精度化を目指す―
2017年11月7日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
朝日航洋株式会社
大阪府

NEDOプロジェクトにおいて、朝日航洋(株)は大阪府の協力のもと、水中点検用フロートロボットの実証実験を大阪府内2カ所で実施します。これまで人が行っていた河床やダム底の測量作業を、ロボットで支援することによって、より安全でさらに高精度に実施することを目指します。

大阪府は、効率的な都市基盤整備や維持管理に向けて、実証フィールドの提供を通じて、大学や国によるロボットなどの新技術開発を支援するとともに、技術の進歩に応じて最新技術の導入を図っていきます。

実証実験は11月13日に平野川分水路・第二寝屋川、14日と15日に狭山池ダムで実施します。朝日航洋(株)は今後、本実証実験の結果を踏まえて、フロートロボットの改良を継続し、早期の実用化を目指します。

  • 狭山池ダム(大阪府)を表した図
    図1 狭山池ダム(大阪府)
  • 水中点検用フロートロボットを表した図
    図2 水中点検用フロートロボット

1.概要

河川管理施設などの社会インフラは、今後、建設から50年を経過するものが加速度的に増加し、それらの老朽化に対応するための十分な資金と高度な維持管理の専門知識を有する人材不足が、大きな社会問題となっています。このような背景のもと、NEDOでは2014年度から「インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト」において、既存インフラの状態に応じた効果的で効率的な維持管理・更新等を図る取り組みとして、インフラ構造物に対して人間の立ち入りが困難な箇所へ移動し、インフラの維持管理に必要な情報を取得するロボットの研究開発を推進しています。

本プロジェクトにおいて、朝日航洋株式会社は、水中点検用の各種カメラやセンサを備えた「フロートロボット」を開発しています。本ロボットは河川やダムを航行しながら、河床やダム底の測量と精密な三次元形状の作成、管理施設(水上・水中)の画像取得を行うことで、点検業務支援の実現を目標とするものです。これまで人が行っていた河床やダム底の点検作業を、ロボットで支援することによって、より安全でさらに高精度に実施することを目指します。

今回、大阪府の協力のもと、大阪市の平野川分水路・第二寝屋川および大阪狭山市の狭山池ダムで、フロートロボットの実証実験を実施し、水中点検の正確性やロボットの航行など実用化のための性能について検証を行います。

大阪府は、道路や河川などの都市基盤施設を良好な状態で将来世代に引き継いでいくために、大阪府都市基盤施設長寿命化計画に基づき、効率的・効果的な維持管理の推進に取り組み、その一環として、実証実験フィールドを提供して、大学や国によるロボットなどの新技術開発を支援するとともに、技術の進歩に応じて最新技術の導入を図っているところです。

実証実験は11月13日に平野川分水路・第二寝屋川、14日と15日に狭山池ダムで行う予定です。今後、本実証実験の結果を踏まえて、フロートロボットの改良を継続し、早期の実用化を目指します。

2.現在の点検法との比較

現在、ダム底の点検は有人船やダイバーによる人の作業であり、水際の作業には安全上のリスクがあります。また、有人船による点検には作業範囲に限界があり一定間隔毎に作業をしているため、点検結果は二次元の断面図となります。

今後、フロートロボットを活用することができれば、人による水域作業を大幅に削減できるため、安全性の向上が期待できます。また、フロートロボットは効率的にダム底全面の三次元形状を把握することが可能であり、より高精度な測量結果を得ることができます。

  • 二次元断面図(従来)を表した図3
    図3 二次元断面図(従来)
  • 三次元形状図(イメージ)を表した図4
    図4 三次元形状図(イメージ)

<実証実験の概要>

平野川分水路・第二寝屋川
日時:
2017年11月13日(月) 予備日:14日(火)
場所:
大阪市城東区東中浜7丁目周辺
内容:
フロートロボットで河床の高精度三次元形状図を作成および護岸の映像を撮影
狭山池ダム
日時:
2017年11月14日(火)~11月15日(水) 予備日:16日(木)、17日(金)
場所:
大阪狭山市岩室地内
内容:
フロートロボットでダム底の高精度三次元形状図を作成

なお、実験計画は天候その他の状況によって変更となる場合があります。

【用語解説】

※ 大阪府都市基盤施設長寿命化計画
高度経済成長期に集中的に整備された都市基盤施設について、これまでの点検、補修などで蓄積されたデータを活用し、最新の専門的な知見に基づき、より一層、戦略的な維持管理を推進するために、2015年3月に策定された大阪府の計画。

3.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO ロボット・AI部 担当:安川(裕)、小川(泰)、内山 TEL:044-520-5241
朝日航洋(株) 空間情報事業本部 担当:杉山 TEL:03-3988-1013
大阪府 都市整備部事業管理室 担当:多田 TEL:06-6944-9270

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp