本文へジャンプ

Press Release

「InterAqua 2018 第9回国際水ソリューション総合展」に出展

―排水処理・海水淡水化の国際実証と先端的な研究開発事例を紹介―
2018年1月11日
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川 一夫

NEDOは、2月14日から16日まで東京ビッグサイトで開催される「InterAqua 2018 第9回国際水ソリューション総合展」に出展します。

この展示会では、NEDOが進める排水処理・海水淡水化技術の国際実証プロジェクトのほか、正浸透膜法を用いた海水淡水化などの先端的な研究開発や、IoT技術の活用により上水道の運営システムの効率化を目指す事業について紹介します。正浸透膜法については実験デモンストレーションを行います。

  • 正浸透膜システムによる水透過実験デモの写真
    図.正浸透膜システムによる水透過実験デモの様子
    (正浸透膜法を用いた革新的省エネ型水処理技術の開発)

1.概要

経済発展や人口増加、気候変動などによる水需要の増加や、不十分な排水処理による水環境・衛生環境の悪化が世界的な問題となっており、革新的な排水処理技術や海水淡水化技術の開発と普及が一層求められています。

「InterAqua 2018 第9回国際水ソリューション総合展」では、水循環のスマート化をテーマに、世界の水問題解決を目指して国内外の水関連プレーヤーが集結し、技術提案や国際的なネットワーキングが活発に行われます。

この展示会では、NEDOが進める排水処理・海水淡水化技術に関する国際実証や、正浸透膜法を用いた海水淡水化技術などの先端技術開発や、IoT技術の活用により上水道の運営システムの効率化を目指す事業について、最新のプロジェクト実施状況や成果についての展示を通し、水循環分野におけるNEDOの取り組みを紹介します。特に正浸透膜法については、実験デモンストレーションを行います。

2.主な出展内容

以下の内容を予定しています。

<事業名> <委託先>
【海外事業】
膜技術を用いた省エネ型排水再生システム技術実証事業(サウジアラビア) 千代田化工建設株式会社
海水淡水化・水再利用統合システム実証事業
(南アフリカ共和国)
株式会社日立製作所
省エネルギー型海水淡水化システムの実規模での性能実証事業(サウジアラビア) 株式会社日立製作所
東レ株式会社
高温排出水を用いた省エネ・低環境負荷型造水実証事業(カタール) 三菱重工業株式会社
三菱商事株式会社
三菱重工エンジニアリング株式会社
【国内事業】
エネルギー・環境新技術先導プログラム/正浸透膜法を用いた革新的省エネ型水処理技術の開発 国立大学法人神戸大学
国立大学法人山口大学
東洋紡株式会社
IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/高度なデータ活用を可能とする社会インフラ運営システムの開発 株式会社三菱総合研究所
株式会社日立製作所
株式会社NTTデータ

3.開催概要

名称: 
InterAqua 2018 第9回国際水ソリューション総合展
会期: 
2018年2月14日(水)~16日(金) 10時00分~17時00分
場所: 
東京ビッグサイト(東京国際展示場)
NEDOブース小間番号:東1ホール 1B-17
公式サイト: 

4.問い合わせ先

(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)

NEDO 環境部 担当:神田 TEL:044-520-5249

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)

NEDO 広報部 担当:藤本、髙津佐、坂本 TEL:044-520-5151 E-mail:nedo_press@ml.nedo.go.jp