本文へジャンプ

123

2014年ノーベル物理学賞受賞記念インタビュー 2014年ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学の天野浩教授に、今回の受賞に対する思いやNEDOの研究プロジェクトでの取り組み、さらに研究者としての今後の抱負についてお話をうかがいました。

PDF印刷用PDFファイル(742KB)

近年、変わりつつあるノーベル物理学賞の性格

写真

2014年10月7日、スウェーデン王立科学アカデミーは、2014年のノーベル物理学賞を、青色発光ダイオード(LED)を開発した赤﨑勇・名城大学終身教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の3氏に授与すると発表しました。これは青色LEDの実用化に貢献し、次世代の光源として普及させた功績が評価されたもので、選考委員会は「20世紀は白熱電球の時代だったが、21世紀はLEDによって照らされる時代になった」とその受賞理由を説明しています。

「(受賞は)少々意外でした。というのも私が長らく抱いていたノーベル物理学賞のイメージは、日本の受賞者で言えば、湯川先生、益川先生、小林先生のような理論物理の方を対象とした賞というものでした。しかし、近年は物理学賞の性格が、人々の身近で役に立つ実用的な研究開発へと移行してきたように思えます」

そう語る天野浩教授は、名古屋大学で学生時代から赤﨑教授(当時)に師事し、青色LEDの開発に必要な窒化ガリウム(GaN)の研究に従事。サファイアを基板に使う場合の手法を考案し、困難とされていた高品質の結晶を得ることに成功するなど、赤﨑教授と共に青色LEDの実用化に向けた技術基盤を確立しました。

写真

東京オリンピックが開催される2020年頃、日本では照明の約70%がLED照明になるだろうと言われています。これは全消費電力の約7パーセントに相当し、大きな省エネ効果が見込まれています。

「今回、私たちが賞をいただいたということは、それだけ人類にとってエネルギー問題が最重要課題になっていると言うことでしょう。私たちはノーベル賞を取ろうと思って研究を続けていたわけではありませんが、受賞という形で研究にスポットを当てていただいたことは、ある意味とてもラッキーでしたし、工学部の学生や若い工学分野の研究者に勇気を与える意味でも意義深い出来事だったのではないかと思っています」

【次ページ】研究者をしっかりサポートしてくれるNEDOのプロジェクトマネジメント»»

【特集ページ目次へ戻る】