本文へジャンプ

123456789

いよいよ社会へ。水素元年、発進。

水素社会実現に向けさまざまなプロジェクトがスタート

古川NEDOは水素エネルギーをさらに活用する社会を構築しようと、現在、いろいろなプロジェクトを進めています。例えば、水素を燃料としたガスタービンを用いた水素発電システムの技術開発や、水素発電が本格化した際に安定的に水素を供給するサプライチェーンの確立等、2015年度から取り組み始めました。特にサプライチェーンの確立については、例えば豪州の未利用エネルギーである褐炭を用いて水素を製造し、液化して日本に運んでこようというものです。

また、近年の再生可能エネルギー導入量の増加と系統接続保留という課題に対応するため、再生可能エネルギーから電力をいったん水素として貯蔵し活用する、いわゆる「Power to Gas」の取り組みを本格化させていこうと考えています。このように、水素を単なる既存エネルギーの代替としてではなく、さまざまな資源から製造可能という水素の特徴を最大限に生かした、新たな社会システムを構築していきたいと考えています。今年はCOP21がありますが、中長期的に見て、やはりクリーンなエネルギーである水素に期待するところが大きいのではないかと思っています。(「NEW PROJECT 水素社会構築技術開発事業」ページ参照)

田中FCVの水素をどうつくるか考えたとき、古川さんがおっしゃるように方法はさまざまある中で、NEDOが取り組む褐炭の話は非常に可能性を感じます。しかも、水素が効率的に調達可能になれば、資源の少ない日本にとって大変ありがたいことだと思います。自動車メーカーとしても、クルマを安心して使ってもらうことにつながります。

ところで、古川さんは機構車としてMIRAIに乗っておられると聞きましたが、そのご感想を伺えますでしょうか。

古川実は私はクルマ大好き人間なんですが、初めてMIRAIに乗ったときのトルク感、吹き上がり感がものすごいなと衝撃を受けました。また、水素充填時間についても2008年ごろは30分近くかかっていたのが、今は3分で完了するというのは、本当に素晴らしいですね。

田中そう言っていただき、ありがたい限りです。水素にはエネルギーキャリアとしての可能性もあります。社会がより高度化すればするほど、地産地消ができるエネルギーである水素は、とても魅力的な存在です。私はFCVに 大きな可能性を感じていますが、クルマはあくまでもきっかけで、こうした技術開発を通じて水素社会の新しいイノベーションが起き、エネルギーの可能性をより多くの方に認めていただけるとうれしく思います。

古川今FCVに疑問をお持ちの方の中には、水素をつくるときにCO2が出るじゃないかというご意見があります。私どもも本当に水素は100年、200年続く技術と考えていまして、将来的な可能性を考えると、やはりFCVは究極のクリーンなクルマだと思っています。NEDOは、公的機関として水素エネルギーをもっと身近に活用できるよう、技術開発のみならず、こうした新しい技術の安全性をきちんと社会に伝えることも大事な役割であり、そうした意味で責任は非常に重いと思っております。

水素エネルギーの利活用技術がもっと世界に広がり、最終的には地球全体がクリーンになるというシナリオに 向けて、努力を重ねていきたいと思います。

KEYWORD3画像

定期広報誌「Focus NEDO」第57号より