本文へジャンプ

仙台市立泉ヶ丘小学校でエネルギー・環境に関する授業を実施

―被災地で太陽電池工作教室を開催―
2011年12月26日

 NEDOは12月20日、宮城県の泉ヶ丘小学校において、被災地における8回目の太陽電池工作教室を開催しました。
 今回は、同校6年生47名の卒業記念授業としても実施され、NEDO職員が先生役となってこれから実用化されるであろう未来の技術や、今の世界が抱えるエネルギー・環境問題等について勉強した後、みんなで協力しながらソーラーカーづくりに励みました。開催日の天候はあいにくの雪でしたが、参加した生徒達全員が無事ソーラーカーを完成させました。

  • 工作教室の様子
    工作教室の様子