本文へジャンプ

米国ニューメキシコ州ロスアラモス郡におけるスマートグリッド実証事業の運転開始式を開催

2012年9月19日

 NEDOは9月17日(現地時間)、アメリカ合衆国のニューメキシコ州ロスアラモス郡において「ニューメキシコスマートグリッド実証事業」の設備が完成、運転開始式を行いました。
 式典で挨拶した古川理事長は、日米の一層の協力によりプロジェクトを成功させ、その成果を世界規模でのエネルギー・環境問題の解決に繋げていきたいと発言しました。

 式典にはNEDO古川理事長、株式会社東芝 佐々木社長、京セラ株式会社 前田副社長、ニューメキシコ州スサナ・マルティネス知事、ベン・レイ・ルハン下院議員、ロスアラモス郡シャロン・ストーヴァー郡理事会長、ロスアラモス国立研究所チャールズ・マクミラン所長の他、日米の関係機関・企業などから約270名が出席しました。

  • 写真1枚目
    スマートハウス前での関係者
  • 写真2枚目
    実証サイトの太陽光発電設備