本文へジャンプ

タイで初の「水和物スラリー蓄熱空調システム」が竣工

―新たな空調の省エネ技術を導入―
2013年1月22日

 NEDOとタイ王国エネルギー省が、タイ電力公社(EGAT)本館において実施している民生用水和物スラリー蓄熱空調システム実証事業の設備が完成し1月17日に竣工式を開催しました。
 竣工式には、エネルギー省ウィチェンチョート大臣補佐、アムヌアイ代替エネルギー開発・省エネルギー局長、電力公社スタット総裁をはじめとするタイ側関係者と、日本からは、NEDO植田理事、NEDOの委託先であるJFEエンジニアリング(株)の半澤専務取締役など、多数が出席しました。

  • 竣工式の様子の写真
    竣工式の様子
  • 設備の様子の写真
    設備の様子