本文へジャンプ

タイで環境対応型高効率アーク炉モデル事業竣工式

―最新電気炉技術で省エネ達成・CO2削減を目指す―
2013年2月8日

 NEDOは、2月6日、タイで実施している環境対応型高効率アーク炉実証事業の設備が完成、竣工式を開催しました。
本技術は、従来型の電気炉と比較して30%程度の省エネが見込めるとともに付属するダイオキシン処理設備により日本の大気排出基準を満たす環境対応型技術です。
 この事業を足がかりに、NEDOはタイ及び周辺ASEAN諸国の製鋼業への高効率アーク炉の普及を目指していきます。
 同日午後には成果普及セミナーを開催し、日本側からは本事業の実証成果、タイ側からは鉄鋼産業界の省エネルギー活動などについて講演を行いました。

  • 竣工式、セミナーの様子の写真
    竣工式、セミナーの様子
  • 完成した実証設備の写真
    完成した実証設備(排ガス処理設備の燃焼塔)