本文へジャンプ

スマートグリッド関連のワークショップに参加

2013年3月26日

 欧州17カ国31の配電会社が加盟するEDSO for Smart Grids(※1)と14カ国・地域のスマートグリッド関係団体が加盟するGSGF(※2)の共同ワークショップが、3月21日と22日の2日間、ベルギーのブリュッセルで開催。日本のスマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)を代表して参加したNEDOの国吉理事が「再生可能エネルギーの普及と電力貯蔵」をテーマとしたオープニングセッションで基調講演を行いました。
 ワークショップでは、スマートグリッドの課題や関連技術・サービス、さらには今後の市場開発、各種政策及び規制等への提言などについて、パネリストと会場の参加者が相互に参加しながら議論を交わしました。ワークショップでの議論の成果は、今後のGSGFのワーキンググループの活動(※3)や成果レポート等に 活用されます。


  • (※1)European Distribution System Operators' Association for Smart Grids
  • (※2)Global Smart Grid Federation:日本はスマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)が加盟。
  • (※3)日本は、系統とユーザ間のインターフェースにかかるワーキンググループをJSCAが担当。現在8カ国・地域の団体が参加しており、議長はNEDOの国吉理事。

  • ワークショップの様子の写真
    ワークショップの様子