本文へジャンプ

中国で高品位透析治療を達成する透析水清浄化システムを研究開発・実証事業

2013年11月26日

NEDOと南京医科大学は11月25日、中国の医療環境に適した高品位透析治療を達成する人工透析システムの研究開発・実証事業の実施について合意し、基本協定書(MOU)を締結しました。

これにより、東レ株式会社、東レ・メディカル株式会社、東京女子医科大学が、中国の医療環境に適応させた日本の高度な人工透析システム(セントラル方式)を南京医科大学第二附属医院に導入し、同医院と共同でセントラル方式の有効性を実証する事業を本格的に開始します。

MOUの調印式は、南京医科大学で行われ、NEDOの国吉理事と同大学の陳校長が署名しました。

  • 調印の様子の写真
    調印の様子
  • 実証事業関係者の写真
    実証事業関係者