本文へジャンプ

独NRW州の経済・エネルギー・産業省大臣が来構

2014年2月19日

 ドイツ ノルトライン・ヴェストファーレン州(NRW州)のガレルト・デューン経済・エネルギー・産業省大臣が、2月17日、NEDOに来構し、倉田副理事長と意見交換しました。
 同大臣は、ボーフム大学病院で実施中のロボットプロジェクトへの謝意を述べるとともに、このプロジェクトにおけるロボットスーツHALの導入・普及への取り組みが、ヨーロッパ地域の発信基地となることへの期待を表明。また、今後のエネルギー等を含む、様々な分野におけるNEDOとの協力の可能性について、引き続き情報交換を重ね、連携を深めていくことで合意しました。

  • 意見交換の様子の写真
    意見交換の様子