本文へジャンプ

マレーシアでバイオマス・廃棄物利用技術の実証プラントが完成

2014年3月18日

 NEDOとマレーシア政府の共同事業として取り組んできたバイオマス・廃棄物利用技術の実証プラントが完成、3月17日に同プラントを設置したヌグリ・スンビラン州バハウのセメント工場において竣工式を開催しました。
 竣工式には、日本からNEDO土屋理事やNEDOの委託先である太平洋エンジニアリング(株)の露木取締役社長ら、マレーシアからはプランテーション・商品省のヌルマラ次官ら政府関係者、サイト企業であるCIMA社ユスリ社長らが出席。
 式典で挨拶した土屋理事は、実証技術の普及により同国のエネルギー・環境問題の解決に貢献していくことを期待すると発言しました。

  • 挨拶する土屋理事の写真
    挨拶する土屋理事
  • 竣工した実証プラント全景の写真
    竣工した実証プラント全景