本文へジャンプ

ドイツでのスマートコミュニティ実証事業のFS開始に合意

2014年5月16日

NEDOとドイツ・ラインラント・プファルツ州シュパイヤー市は、同市においてスマートコミュニティ実証事業の実現可能性調査(FS)を実施することで合意、5月13日に国吉理事とエガー市長がLOI(協力合意書)を締結しました。
 このプロジェクトは、シュパイヤー市内の集合住宅で太陽光発電の電力をHEMS(Home Energy Management System)によりコントロールし、宅内消費やバッテリーへの蓄電、ヒートポンプへの蓄熱に振り分けることで高効率エネルギーシステムを構築、その有効性について実証するものです。

  • 調印の様子の写真
    調印の様子
  • シュパイヤー市内の集合住宅の写真
    シュパイヤー市内の集合住宅