本文へジャンプ

ウズベキスタンで「熱電併給所モデル事業に係る普及セミナー」を開催

2015年1月28日

NEDOは1月22日、ウズベキスタン共和国タシケント市内で熱電併給所モデル事業に係る「普及セミナー」を開催しました。

昨年2月に終了した「熱電併給所高効率ガスタービンコジェネレーションモデル事業」の成果を生かし、日本製ガスタービンを始めとするコジェネシステムを同国内に普及するなど、我が国の発電関係技術のビジネス展開を支援するもので、NEDO植田理事が、「ウズベキスタンの電力・熱の安定供給、経済発展に大いに貢献することを期待する」と挨拶。活発なディスカッションを行いました。

  • 挨拶する植田理事の写真
    挨拶する植田理事
  • ディスカッションの写真
    ディスカッションの様子