本文へジャンプ

世界最大級の次世代フライホイール蓄電システム実証試験施設の完成式に出席

2015年9月4日

NEDOプロジェクトにおいて、(公財)鉄道総合技術研究所、クボテック(株)、古河電気工業(株)、(株)ミラプロおよび山梨県企業局が開発した世界最大級の「次世代フライホイール蓄電システム」の実証施設の完成式が9月3日、山梨県甲府市の米倉山太陽光発電所で行われました。

式典には、NEDOから国吉理事が出席、「技術で勝ち、そしてビジネスでも勝つためのビジネスモデルを描きながら、本実証試験に取り組み、有意義なデータを取得して頂くことを期待します。」と挨拶しました。

  • 挨拶する国吉理事の写真
    挨拶する国吉理事
  • フライホイール蓄電システム実証機の写真
    フライホイール蓄電システム実証機