本文へジャンプ

宮古市内の小学校で“出前授業”

-太陽電池工作教室を開催-
2015年9月14日

NEDOは、復興庁支援のもと、9月10日、11日の2日間、岩手県宮古市の磯鶏(そけい)小学校と崎山(さきやま)小学校の2校で太陽電池工作教室を開催しました。

各学校それぞれ4年生の授業で、エネルギー・環境問題や太陽光発電の仕組みについて学んだ後、太陽光発電をより理解し身近に感じられるよう、1人1台ずつソーラーカーを作りました。

両日は雨となったため、完成したソーラーカーをプロジェクターの光を使って動かし、発電の仕組みを体験しました。

  • 工作教室の様子の写真
    工作教室の様子