本文へジャンプ

ロシア・カムチャツカで風力発電システム実証に係る竣工式を開催

2015年9月16日

NEDOがロシア・カムチャツカ地方で取り組んでいる「独立電力系統地域における寒冷地気候に対応した風力発電システム実証事業」について、9月10日にウスチ・カムチャツク市において竣工式を行いました。NEDO古川理事長が「当地において、ディーゼル燃料の消費を最高水準に抑制する技術の確立を目指し、ロシアの独立系統地域に幅広く普及することを祈念しています。」と挨拶しました。

また、竣工式に続き、「再生可能エネルギー・省エネルギー」をテーマとした絵画コンクールの表彰式を実施し、古川理事長が地域の子供達に、エネルギーや環境の大切さを説明しました。

竣工式及び表彰式には、イリューイン カムチャツカ地方政府知事、コシュカリョフ ウスチ・カムチャツク市長の他、関係機関や企業など約70名と現地の子供50名を含む市民約170名の計240名が出席しました。

  • 挨拶する古川理事長の写真
    挨拶する古川理事長
  • 竣工式の様子の写真
    竣工式の様子