本文へジャンプ

ラオス政府とJCM実証事業の基本協定を締結

2016年1月27日

NEDOとラオス人民共和国科学技術省(MOST)は1月26日、二国間クレジット制度(JCM)を活用する省エネルギー型データセンター実証事業のMOU(基本協定書)を首都ビエンチャンで署名しました。

このプロジェクトは、ラオス初となる高品質・高効率なモジュール型データセンターを導入し、同国の環境に適した運用とその温室効果ガス排出削減効果の検証を実証するものです。

MOU署名式には、NEDO宮本副理事長とMOSTボンダラー大臣が参加しました。

  • 写真 署名式の様子
    署名式の様子
  • 写真 宮本副理事長(左)とボンダラー大臣
    宮本副理事長(左)とボンダラー大臣