本文へジャンプ

「インフラ維持管理分野におけるUAV活用に関する検討 公開シンポジウム」を開催

2016年3月17日

NEDOは3月10日、内閣府後援の下、「インフラ維持管理分野におけるUAV活用に関する検討 公開シンポジウム」を都内で開催しました。

シンポジウムでは、NEDOが管理法人を務める「戦略的イノベ―ション創造プログラム(SIP)インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」の活動概要や出口戦略等について、藤野プログラムディレクターや岡田サブプログラムディレクターをはじめとする有識者に講演いただくとともに、NEDOからUAV技術の活用に関する調査結果を報告しました。

また、インフラ維持管理分野におけるUAV等のイノベーション戦略や課題、今後の展望についてパネルディスカッションを行い、積極的な議論が交わされました。

200名を超える参加者が集まり、出口戦略や情報発信の重要性等について多くの意見や期待が寄せられました。

  • 挨拶する佐藤理事の写真
    挨拶する佐藤理事
  • 挨拶する久間氏の写真
    挨拶する総合科学技術・イノベーション会議
    久間常勤議員
  • 藤野プログラムディレクターによる講演の写真
    藤野プログラムディレクターによる講演
  • パネルディスカッションの写真
    パネルディスカッションの様子