本文へジャンプ

蓄電池分野で産学官の英知を結集した技術開発プロジェクトが始動

2016年5月18日

NEDOは5月18日、「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発(RISINGII)」のキックオフミーティングを実施しました。

キックオフミーティングに先立ち開催した記者会見において、古川理事長は「各機関の垣根を越えて集結した最先端の研究者にとって、本プロジェクトが様々な知の融合や創意工夫を図る場として機能し、技術革新の創出と日本の自動車・蓄電池産業の競争力強化に貢献していくことを期待したい」と挨拶。

また、京都大学や産業技術総合研究所をはじめ、蓄電池メーカーや自動車メーカーなど、10企業16大学4研究機関を採択したことを発表しました。

  • 挨拶する古川理事長の写真
    挨拶する古川理事長
  • キックオフミーティングで挨拶する桜井PMの写真
    キックオフミーティングで挨拶する桜井PM