本文へジャンプ

古川理事長が「STSフォーラム年次総会」で講演

2016年10月3日

NEDO古川理事長は10月2日、京都で開催された「科学技術と人類の未来に関する国際フォーラム(STSフォーラム)第13回年次総会」において、「新・再生可能エネルギー」のセッションでスピーチとディスカッションを行いました。

古川理事長はスピーチで「世界で再生可能エネルギーの大量導入が進んでいるが、さらなる再エネの導入のために、コスト低減・再エネ由来電力の安定化・再エネ由来電力の輸送技術の開発、の3つのポイントが重要である。」と述べたほか、ディスカッションでは参加者と、再エネのさらなる普及に向けた方策について議論を深めました。

  • 参加者と議論する古川理事長の写真
    参加者と議論する古川理事長(中央)
  • セッションの写真
    セッションの様子