本文へジャンプ

インドネシアで廃油リサイクルプラントの竣工式を開催

2016年10月14日

NEDOとインドネシア共和国技術評価応用庁(BPPT)が共同で取り組んでいる廃油リサイクルの実証プラントが完成、10月12日にインドネシア共和国東カリマンタン州バリクパパン市において竣工式を開催しました。

竣工式には、日本側からNEDO土屋理事や委託先である(株)東亜オイル興業所の碩社長、在インドネシア日本国大使館書記官、インドネシア共和国側からはBPPTのウングル長官、東カリマンタン州およびバリクパパン市関係者らが出席しました。

土屋理事は、「再生困難な組成を含む各種廃油を対象としたリサイクルが課題となっているインドネシア共和国で本プロジェクトが良きモデルとなり、実証技術が同国で広く普及することを期待します」と挨拶しました。

  • 挨拶する土屋理事の写真
    挨拶する土屋理事
  • 実証プラントの写真
    実証プラント