本文へジャンプ

フィリピンで新公共交通システム実証事業を開始

2016年10月21日

NEDOは、フィリピン共和国貿易産業省(DTI)および同国イントラムロス監督庁(IA)と共同で、電動三輪自動車とEVエコシステムを組み合せた新公共交通システム実証事業を開始し、10月20日にイントラムロスで実証開始式を行いました。

本実証事業では、同国マニラ市内にて、交通事情を踏まえた定期運行管理、車両稼働率管理、EV充電管理などを実施し、現地ニーズを満たした公共交通システムを実現できるかを検証します。本取り組みを通じて、同国への新公共交通システムを導入・普及の実現とともに、エネルギー消費量85%削減を目指します。

実証開始式には、NEDOから土屋宗彦理事、DTIからディチョーザ常任理事、IAからサハグン財務管理部門長、在フィリピン日本国大使館から鈴木潤一郎商務官、ソフトバンク(株)から鬼頭周常務取締役らが出席しました。

  • 挨拶する土屋理事の写真
    挨拶する土屋理事
  • 式典会場の写真
    式典会場の様子