本文へジャンプ

ポーランド・エネルギー省とスマートコミュニティ実証の基本協定を締結

2017年3月21日

NEDOは3月14日、ポーランド共和国エネルギー省とスマートコミュニティ実証事業を実施することで合意、首都ワルシャワにおいて NEDO渡邉理事とエネルギー省ピオトロフスキー次官が署名し、基本協定書(MOU)を締結しました。

本事業では、ポーランド国内の風力発電を主とした再生可能エネルギーの導入拡大に対応するため、日本独自の系統安定化技術と蓄電技術を活用し、コストを要する送電網の増設を行わずに、信頼性の高い系統運用を実現することを目指します。

なお締結式には、松富在ポーランド日本国大使、牧野JETROワルシャワ所長、クロソウスキーPSE社長、サジEW社長、ボンチェックEOP副社長にも出席いただき、実証にかかる互いの協力を改めて確認しました。

  • 締結式の写真2枚
    締結式の様子