本文へジャンプ

「国際情報通信技術見本市(CeBIT2017)」に出展

2017年3月24日

NEDOは、3月20日から24日までドイツのハノーバーで開催されたIoTやロボット、AIなどの先端技術を活用したITビジネスに特化した世界最大の商談展示会「国際情報通信技術見本市(CeBIT2017)」に出展しました。

NEDO出展ブースでは、 “Global Solutions for the Next” をテーマに、センサーやスマートデバイスといったIoTやロボット、AIに関する次世代の最新技術や、ドイツで実証を行っているスマートコミュニティ・プロジェクトなど、日本の企業・研究機関の最新の技術開発成果をデモンストレーションなども行いながら紹介しました。

3月20日の会期初日には、ドイツのメルケル首相と安倍総理大臣がブース内の装着型ロボットを視察し大きな注目を集めたほか、展示会のガイドツアーが訪れるなど、5日間で約7,000名が来場しました。

  • 首相と安倍総理大臣がNEDOブースを視察する様子の写真
    視察するメルケル首相(中央)と安倍総理大臣
  • NEDOブース全体の写真
    NEDOブースの様子