本文へジャンプ

マレーシアで大型EVバスシステム実証事業の運転開始式を開催

2017年8月29日

NEDOは8月28日、マレーシアのプトラジャヤ市において、EVバスシステム実証事業の運転開始式を行いました。

本実証事業では、マレーシアのプトラジャヤ市において、10分間の超急速充電で30km運行を実現する大型EVバスを用いて同市の都市交通システムの効率向上によるスマート化を図るとともに、都市交通パッケージ事業の広域展開を目指します。

式典には、マレーシア国連邦直轄領省次官、プトラジャヤ市長、NEDO渡邉理事、東芝インフラシステムズ(株)、(株)ピューズ、(株)ハセテック、(株)オリエンタルコンサルタンツグローバル、在マレーシア日本大使館ほか、多数の関係者が参加しました。

渡邉理事は、本実証事業により、環境型公共交通機関の導入普及の促進が期待される旨、挨拶しました。

  • NEDOの挨拶
    挨拶する渡邉理事
  • 関係者によるリボンカッティング
    リボンカッティング
    (右から渡邊理事、マレーシア国
    直轄領省次官、プトラジャヤ市長)
  • EVバス車内の様子
    EVバスに試乗する関係者
  • 関係者集合写真
    実証事業関係者