本文へジャンプ

「東方経済フォーラム」でロシア極東における風力発電システムの普及に関する意向表明書に署名

2017年9月12日

NEDOは9月6日、ロシアのウラジオストクで開催された「東方経済フォーラム」の会場において、ロシア連邦サハ共和国政府およびルスギドロ社との間で、風力発電システムを含むエネルギーインフラ実証の実現に向けた意向表明書に署名しました。

意向表明書には、NEDO古川理事長、サハ共和国ボリソフ首長、ルスギドロ社シュルギノフ役員会議長兼総裁が署名し、サハ共和国ティクシ市を対象に、実証事業における基本的なシステム構成やスケジュールを確認するとともに、NEDOによる実証前調査の円滑な実施に向けて協力していくことで一致しました。

また9月7日には、NEDOのカムチャツカでの風力発電システムに関する実証の成果をもとに、カムチャツカ地方及びチュコト自治管区における風力発電システムの普及について日本企業とロシア地方政府等との間で2件の覚書の締結が行われ、古川理事長及び渡邉理事が立ち会いました。

  • 意向表明書への署名の様子
    サハ共和国政府およびルスギドロ社との意向表明書への署名
  • 覚書署名者とNEDO理事長
    チュコト自治管区政府等と日本企業の覚書締結に立ち会う古川理事長
  • 覚書締結に立ち会う渡邉理事
    カムチャツカ地方政府等と日本企業の覚書締結に立ち会う渡邉理事