本文へジャンプ

「SIP/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保シンポジウム2017」を開催

2017年10月23日

NEDOは10月13日、内閣府と共催で、東京都内で「SIP/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」に関するシンポジウムを開催しました。

本プロジェクトは、将来の社会・産業の基盤を支える通信・放送、エネルギー、交通などのインフラシステムに広く導入されることを目指しています。3年目を迎え、今回は講演と共に「サイバー攻撃を含めた異常や兆候を検知し影響を最小化するシステム」の動態展示などを行い、社会実装のイメージをポスター展示及びデモンストレーションで具体的に示すことで、インフラ事業者の皆様との率直な意見交換の場となることを期待し、開催しました。

招待講演では、東京電力ホールディングス株式会社の関常務執行役、及び日本電信電話株式会社の横浜ヘッド・サイバーセキュリティインテグレーションから、2020年に向けたサイバーセキュリティに対する取り組みとグローバル動向を踏まえた日本への期待について講演をいただきました。

当日は300名を超える参加者があり、重要インフラ向けセキュリティ技術の重要性やその出口戦略等について多くの意見や期待が寄せられました。

  • 招待講演の様子1
    招待講演1:東京電力ホールディングス(株)
    関常務執行役
  • 招待講演の様子2
    招待講演2:日本電信電話(株)横浜ヘッド・
    サイバーセキュリティインテグレーション
  • ポスターセッション会場の様子
    来場者で賑わうポスターセッション会場