本文へジャンプ

「水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業内覧会」及び「神戸の地域エネルギーを未来につなぐシンポジウム」に古川理事長出席

2017年12月11日

NEDO古川理事長は12月10日に兵庫県神戸市中央区の水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業エネルギーセンター(神戸市旧港島クリーンセンター内)において行われた、NEDO事業「水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業内覧会」に参加しました。

来年1月下旬から開始される実証試験に向けて、助成事業実施者の株式会社大林組及び川崎重工業株式会社から、経済産業省 資源エネルギー庁 日下部長官をはじめとする主賓や地域の来賓の皆様に試験設備が紹介されました。また、事業への協力機関である神戸市 久元市長のほか、関係者とともに、水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業、水素燃料電池戦略ロードマップと水素スマートシティ神戸構想の取り組みについての普及展示施設をあわせて視察しました。

古川理事長は、世界初の取組となる水素コジェネレーションシステムを活用した市街地における熱・電気供給実証試験の成果に期待する旨、挨拶をしました。 内覧会に続いて、資源エネルギー庁 日下部長官とともに古川理事長が出席した同日午後の神戸市主催「神戸の地域エネルギーを未来につなぐシンポジウム」では、資源エネルギー庁 山影課長、そのほか有識者の講演や地域のエネルギーの有効活用についてのパネルディスカッションが行われました。

※ 水素コジェネレーションシステム(水素CGS):
「CGS」は、コジェネレーションシステム(Co-Generation System)の略号で、熱源より電力と熱を生産し供給するシステムの総称であり、国内では「コジェネ」あるいは「熱電併給」、海外では、”Combined Heat & Power”あるいは”Cogeneration”等と呼ばれる。
今回の実証プラントは、水素を燃料とする1MW級ガスタービン発電設備を有する。

  • 内覧会テープカットの様子
    内覧会においてテープカットする古川理事長(左から4人目)、資源エネルギー庁
    日下部長官らが参列
  • 内覧会の理事長挨拶の様子
    内覧会で挨拶する古川理事長
  • 神戸市シンポジウムの理事長挨拶の様子
    神戸市シンポジウムで挨拶する古川理事長