本文へジャンプ

ポルトガルで自動デマンドレスポンスシステム実証事業の運転開始式を開催

2018年7月2日

NEDOとダイキン工業株式会社は、ポルトガル共和国(以下、ポルトガル)の国立エネルギー地質研究所(LNEG)と共同で推進している空調自動デマンドレスポンス実証事業の実証運転の開始に先立ち、6月29日に、ポルトガルのリスボン市で運転開始式を行いました。

本事業では、リスボン市庁舎などリスボン市内4カ所の施設に設置したデマンドレスポンス機能および蓄冷機能付きのビル用マルチエアコンを用いて、現地の電力小売事業者やバーチャルパワープラント(VPP)事業者と協業し、電力の需給状況に応じて空調の電力消費を自動で制御する実証を行います。

運転開始式式典は、ポルトガル側から、メディーナ リスボン市長、レアオン LNEG所長、日本側からは、NEDO表理事、新美在ポルトガル日本国大使、ホーレルベッケ・ダイキンヨーロッパ社会長ほか多数の関係者の出席のもとで開催されました。

  • 式典での表理事の挨拶の様子
    挨拶する表理事
  • 式典でのメディーナ リスボン市長の挨拶の様子
    メディーナ リスボン市長
  • 式典でのLNEG レアオン所長の挨拶の様子
    レアオン LNEG所長
  • 関係者による集合写真
    関係者の皆さんの記念撮影