本文へジャンプ

「第8回NEDO-CDTI合同ワークショップ」を開催

2018年7月4日

NEDOは、7月2日スペイン王国(以下、スペイン)・バスク州ビルバオにおいて、スペイン政府・産業技術開発センター(CDTI)とともに「洋上風力発電技術」をテーマに「第8回NEDO–CDTI合同ワークショップ」を開催しました。

今回のワークショップは一般社団法人日本風力発電協会およびバスク・エナジー・クラスターの協力のもと、日本からはおよそ25社40名、スペイン側からは60社120名が参加し、両国の洋上風力発電の技術開発の現状・展望についての講演会を行いました。共に海洋国家である両国は洋上風力発電の今後の普及について共通するテーマも多くあり、活発な意見交換が行われました。

また、講演会の後、合同ワークショップの一環として、ビルバオ港埠頭でHAIZEA WIND社が運営しているタワー製造の現場を視察しました。

  • ワークショップ講演冒頭のNRDO国際部長の挨拶の様子
    ワークショップ講演挨拶の様子
  • ワークショップ講演壇上の様子
    ワークショップ講演中の様子
  • ワークショップ参加の日本側一行の記念写真
    ワークショップ参加の日本側一行
  • サイトツアー中の一行の写真
    サイトツアー