本文へジャンプ

ラオスのトンルン首相と会談

2018年7月6日

NEDO佐藤理事は7月4日、訪問中のビエンチャンでラオス人民民主共和国(以下、ラオス)のトンルン首相と会談を行いました。会談では、NEDOがラオス科学技術省と共同で進める省エネ型データセンター実証事業※1について意見交換を行い、事業の成功と終了後の発展のあり方について、双方が協力していくことを確認しました。

本会談には、ラオス側からヴォンダラー科学技術大臣、日本側から引原在ラオス日本国特命全権大使のほか、本事業の関係者も参加しました。

※1
本事業は、ラオス初となる高品質・高効率なモジュール型データセンターを導入し、同国の環境に適した運用とその温室効果ガス排出削減効果の検証を実証するものです。

  • 佐藤理事とトンルン首相の会談の様子
    会談する佐藤理事とトンルン首相
  • 会談関係者の集合写真
    佐藤理事とトンルン首相、
    実証事業関係者の皆さん