本文へジャンプ

優れたAIベンチャー研究テーマを表彰

2018年8月9日

NEDOは「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/次世代人工知能分野」(調査研究)において、AIの社会実装を進めることを目的にコンテスト形式で選定した、優れたAIベンチャー企業の研究テーマ6件について、8月8日に都内のNEDO分室で表彰式を開催しました。

今回は、全国30件の応募の中から、(1)生産性分野から最優秀賞1件と審査員特別賞3件、(2)健康、医療・介護分野から最優秀賞1件と審査員特別賞1件の合計6テーマを採択しました。表彰式では、最優秀賞、審査員特別賞を受賞した6テーマ8法人にNEDO今井理事から表彰状を授与しました。各表彰受賞者は、2018年度~2019年度までの最大2年間の研究開発を実施します。

NEDOはベンチャー企業支援を通じて、政府の「人工知能技術戦略」に基づき、AIの重点分野への社会実装を促進し、新たな需要の創出や既存分野との融合による産業競争力の強化を目指します。

  • 表彰状とともに記念写真(生産性分野 最優秀賞 株式会社DeepX)
    生産性分野 最優秀賞 株式会社DeepX
  • 表彰状とともに記念写真(健康、医療・介護分野 最優秀賞 PuREC株式会社・国立大学法人名古屋大学)
    健康、医療・介護分野 最優秀賞
    PuREC株式会社・国立大学法人名古屋大学
  • 「AI社会実装を目指して」の垂れ幕とともに受賞者全員による記念撮影
    AI社会実装を目指して