本文へジャンプ

第21回新産業技術促進検討会「木質バイオマスからプラスチック原料を作る ~製紙/化学の業界横断連携による石油に依存しない化学品製造技術開発の進展~」を開催

2018年9月14日

NEDOは9月11日、東京都内で「木質バイオマスからプラスチック原料を作る ~製紙/化学の業界横断連携による石油に依存しない化学品製造技術開発の進展~」をテーマとして、モノづくり日本会議/日刊工業新聞社と共催で「第21回新産業技術促進検討会」を開催しました。

本シンポジウムでは、バイオマスリファイナリー技術の世界の動きに関する基調講演に続き、NEDOプロジェクトで進める「木質バイオマスから化学品原料までの一貫製造プロセス」という総合的な技術開発コンセプトの全体像、参画企業における木質バイオマスの成分分離と化学品製造技術開発の成果などについての報告を行いました。本シンポジウムには、200名余りの多くの方々に参加をいただきました。

  • 基調講演の様子
    東京大学 五十嵐准教授の基調講演
  • プロジェクトリーダーの講演の様子
    前プロジェクトリーダーの講演