本文へジャンプ

有機ケミカルハイドライド法による国際間水素サプライチェーン実証事業に向け川崎市で脱水素プラントの起工式を開催

2018年10月12日

NEDOは、水素社会構築に向け、次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合※(AHEAD)とともにNEDOプロジェクトとして国際間水素サプライチェーン実証事業に着手しています。このたび10月11日に、神奈川県川崎市臨海部にある東亜石油株式会社京浜製油所内に建設を予定している脱水素プラントの建設工事開始に当たり、建設予定地にて起工式が行われました。

本起工式は、NEDO佐藤理事のほか、ブルネイ・ダルサラーム国(以下、ブルネイ)大使館 ハニファ特命全権大使、経済産業省資源エネルギー庁 江澤課長、AHEAD遠藤理事長をはじめ、関係者約50名の列席の下で行われました。

このNEDOプロジェクトでは、既に4月からブルネイにおいて水素化プラントの建設が進められており、川崎市臨海部の脱水素プラントと合わせて2019年までに建設、2020年にブルネイで調達した水素を有機ケミカルハイドライド法を用いて常温・常圧下で液体の形で日本へ海上輸送し、川崎市臨海部で気体の水素に戻して需要家に供給する世界に先駆けた国際間の水素サプライチェーン実証事業を行う予定です。

※ 次世代水素エネルギーチェーン技術研究組合
英語名:Advanced Hydrogen Energy Chain Association for Technology Development
組合員:千代田化工建設株式会社、三菱商事株式会社、三井物産株式会社、日本郵船株式会社

  • 起工式関係者による記念撮影の様子
    起工式関係者による記念撮影