本文へジャンプ

大規模電力供給用太陽光発電系統安定化等実証研究

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P06005

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成18年度~平成22年度、平成22年度予算:1.9億円
PL:齋藤 裕(北海道電力 株式会社 企画本部 総合研究所 太陽光発電プロジェクト推進室長)
 今後、太陽光発電システム(PVシステム)の急速な普及拡大を図る過程において、大規模PVシステムの導入が予想されます。この大規模PVシステムが電力系統に大量連系された場合には、出力の不安定性等のため、電圧、周波数等電力系統側に影響を及ぼすことが懸念され、普及拡大の制約となる可能性が考えられます。このため、次の実証研究を行います。
  1. 大規模PVシステムが電力系統に連系された場合の電圧変動抑制対策技術、周波数変動(出力変動)抑制対策技術、計画運転を可能とする大規模PV出力制御技術、および高調波抑制対策技術を開発し、その有効性を実証します。また、系統安定化制御が可能な大型太陽光パワーコンディショナの開発を行います。
  2. 今後の大規模PVシステム設置の具体的検討策としても活用可能な 1 の研究項目に関するシミュレーション手法を開発します。
■太陽光発電実証研究稚内発電所(北海道稚内市)
最終更新日:2019年3月29日