本文へジャンプ

研究開発型ベンチャー支援事業

情報を更新しました
2019年3月5日 実施項目4 橋渡し研究開発促進による事業化支援(Collaboration with Research Institute、以降CRI)と橋渡し研究機関一覧を追加しました。

基本情報

技術分野 プロジェクトコード P14012
担当部署
  • イノベーション推進部(TEL:044-520-5173)

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成26年度~平成30年度、平成30年度予算:17億円

本事業では、我が国の企業、大学、研究機関等が有する技術シーズの発掘から事業化までを一貫して政策的に推進することにより、研究開発型ベンチャーの創出、育成を図り、経済活性化、新規産業・雇用の創出につなげることを目的とする。

実施項目1 NEDO Technology Commercialization Program(TCP)

起業家候補となる人材の発掘のため、ビジネスプランの構築を支援する研修及びビジネスプランコンテスト等を行う。

  • 図 実施項目1の概要
    実施項目1の概要

実施項目2 NEDO Entrepreneurs Program(NEP)

起業家候補人材を公募により採択の上、そのビジネスプランの構築等の事業化可能性調査を行う。

  • 図 実施項目2の概要
    実施項目2の概要

実施項目3 シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援(Seed-stage Technology-based Startups、以降STS)

研究開発型ベンチャーを支援する国内外のベンチャーキャピタルやシード・アクセラレーター等(以下、「VC等」という。)を認定し、そのVC等が出資するシード期の研究開発型ベンチャーへ実用化開発助成を実施する。

  • 図 実施項目3の概要
    実施項目3の概要

実施項目4 橋渡し研究開発促進による事業化支援(Collaboration with Research Institute、以降CRI)

NEDOは、橋渡し研究機関と共同研究等を行う研究開発型ベンチャーの公募を行い、審査を経て交付決定を行う。

  • 図 実施項目4の概要
    実施項目4の概要

実施項目5 企業間連携スタートアップに対する事業化支援(Startups in Corporate Alliance、以降SCA)

NEDOは、事業会社と共同研究等を行う研究開発型ベンチャーの公募を行い、審査を経て交付決定を行う。

  • 図 実施項目5の概要
    実施項目5の概要

採択・交付決定リスト

1)「起業家候補支援事業(SUI)」

「NEDO Entrepreneurs Program(NEP)」

2)「シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援(STS)」

3)「 橋渡し研究開発促進による事業化支援(CRI)」

実績なし(2019年度より公募開始)

4)「企業間連携スタートアップに対する事業化支援(SCA)」

認定VC 一覧

特定の技術シーズを活用するシード期の研究開発型ベンチャー(STS)に対して投資を行うベンチャーキャピタルおよびシードアクセラレータ等です。

橋渡し研究機関 一覧

橋渡し機能、民間からの資金受け入れの仕組み等の要件を満たすことを確認できた大学、公設試等です。

公募開始と同時期(2019年4月初旬)にリストを更新予定

詳細資料

Adobe Readerを入手する

最終更新日:2019年3月5日