本文へジャンプ

ナノコーティング技術

基本情報

技術・事業分野 材料・部材 プロジェクトコード P01021
担当部
  • ナノテクノロジー・材料技術開発部
連絡先 044-520-5220
詳細資料

事業・プロジェクト概要

事業期間:平成13年度~平成18年度、予算総額:24.0億円
PL:吉田 豊信(東京大学大学院 工学系研究科 教授)

ナノメータレベルでの精密な材料構造制御によって耐熱性、熱遮蔽性、耐剥離性、耐食性、電極性能等を飛躍的に向上させたコーティング技術を確立します。ナノメータレベルの材料構造を実現するための新たなコーティングプロセシング技術の開発、ナノポア、ナノギャップ、ナノ粒子などを含むナノ複合セラミックス膜の設計・制御技術の開発、さらにセラミックス膜と金属基材の界面設計技術の開発、本プロジェクトで開発した新コーティング材料の精密評価技術の確立、コーティング工学技術の体系化を行います。
 平成18年度までに、エンジンやガスタービン用の熱遮蔽コーティング、高温電極や工具等に適用しうるナノコーティング技術の基盤を確立します。

■ナノコーティングの概念
ナノコーティングの概念 ■ナノ構造を有するセラミックスコーティング
ナノ構造を有するセラミックスコーティング

短期的アウトカム概要(6年間の追跡調査により把握した状況)

■追跡対象企業のPJ終了後6年目のステージ状況

対象企業数:6社

  • 上市:0
  • 製品化:0
  • 研究・開発を継続中:3
  • 中止・中断:3
最終更新日:平成26年6月30日

関連ページ