本文へジャンプ

グリーンイノベーション基金事業

グリーンイノベーション基金事業における研究開発等、イベント情報、公募情報や、国の関連施策などを集約して紹介するためのポータルサイトです。今後順次内容を充実させていきます。

グリーンイノベーション基金事業の概要

2020年10月、我が国は「2050年カーボンニュートラル」を宣言し、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする目標を掲げました。この目標は、従来の政府方針を大幅に前倒すものであり、並大抵の努力で実現できるものではありません。エネルギー・産業部門の構造転換や、大胆な投資によるイノベーションといった現行の取組を大幅に加速することが必要です。

このため、グリーンイノベーション基金事業(以下「基金事業」という。)により、NEDOに2兆円の基金を造成し、官民で野心的かつ具体的な目標を共有した上で、これに経営課題として取り組む企業等に対して、10年間、研究開発・実証から社会実装までを継続して支援します。

グリーンイノベーション基金チラシ1枚目の画像グリーンイノベーション基金チラシ2枚目の画像

カーボンニュートラルとは?

温室効果ガスには、二酸化炭素、メタン、一酸化二窒素、フロンガス(ハイドロフルオロカーボン類、パーフルオロカーボン類、六フッ化硫黄、三フッ化硫黄)があります。 これらの温室効果ガスについて、「そもそも排出しない」だけでなく、排出せざるを得ない温室効果ガスについて、「吸収」、「除去」、または「再利用」することで、排出量を全体としてゼロにすることを「カーボンニュートラル」としています。

参考:資源エネルギー庁

「カーボンニュートラル」って何ですか? (別ウィンドウが開きます 前編別ウィンドウが開きます 後編)(経済産業省)

グリーンイノベーション基金事業の基本方針

本方針は、基金事業における支援対象、成果を最大化するための仕組み及び実施体制等、各研究開発分野に共通して適用する事業実施に係る方針を定めるものであり、経済産業省及びNEDO等は、これに従って基金事業を実施します。

主な内容として、「支援対象」の項目では、グリーン成長戦略において実行計画を策定している重点分野(※以下参照)で、政策効果が大きく、社会実装までを見据えて長期間の継続支援が必要な領域に重点化して支援することを示しています。また、「成果最大化に向けた仕組み」の項目では、企業等の経営者に対して、経営課題として取り組むことへのコミットメントを求める仕組みとして、〔1〕取組状況が不十分な場合の事業中止・委託費の一部返還や、〔2〕目標達成度等に応じて国費負担割合が変動する、成功報酬のようなインセンティブ措置の導入等を盛り込んでいます。

グリーンイノベーション基金事業の基本方針(概要)

基本方針概要

詳細は別ウィンドウが開きます グリーンイノベーション基金事業の基本方針(本文)(経済産業省)を参照

※グリーン成長戦略において実行計画を策定した重点14分野

重点14分野の図

関連資料

公募等情報

事業・プロジェクト名 予告掲載日 公募開始日 採択結果
「グリーンイノベーション基金事業」に資する調査 2021年3月24日 - -
「グリーンイノベーション基金事業」に資する広報に関する調査 2021年3月31日 - -
グリーンイノベーション基金事業/大規模水素サプライチェーンの構築 2021年4月9日 - -
グリーンイノベーション基金事業/再エネ等由来の電力を活用した水電解による水素製造 2021年4月9日 - -

関連制度

お知らせ

日時 お知らせ内容
2021/4/1 ポータルサイト開設

お問い合わせ

(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)グリーンイノベーション基金事業統括室
TEL:044-520-5100 E-mail:green-innovation@nedo.go.jp

リンク先の資料については、経済産業省等それぞれの問い合わせ先にご連絡をお願いします。

基本情報

技術・事業分野 分野横断的公募事業 プロジェクトコード P21014
担当部署 グリーンイノベーション基金事業統括室

最終更新日:2021年4月9日