本文へジャンプ

「第2回RD20(Research and Development 20 for Clean Energy Technologies(クリーンエネルギー技術に関するG20各国の国立研究所等のリーダーによる国際会議))」の開催

2020年9月18日

情報を更新しました
2020年10月1日 「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」について情報掲載しました。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が共催する、第2回RD20 (Research and Development 20 for Clean Energy Technologies (クリーンエネルギー技術に関するG20各国の国立研究所等のリーダーによる国際会議))(主催:国立研究開発法人産業技術総合研究所)をオンラインで開催します。

本国際会議は、G20各国の研究機関の気候変動問題解決に資するクリーンエネルギー技術について、国際的な協調体制を構築することを目的としており、再生可能エネルギー、バッテリーを含む次世代エネルギーマネジメントシステム、水素、CCUS(carbon capture, utilization and storage)の4つの特定のテーマに焦点を当てた技術セッション、低炭素社会に向けた地球規模の連携のハイレベルな合意を目指したリーダーズセッションの開催が予定されています。

詳細は別ウィンドウが開きます 「国際会議RD20(クリーンエネルギー技術に関するG20各国の国立研究所等のリーダーによる国際会議)」をご確認ください。

1.開催日

技術セッション

日時:2020年9月29日(火)~10月2日(金)

リーダーズセッション

日時:2020年10月9日(金)

2.開催概要

プログラムやその他情報に関しては、随時更新いたしますので、別ウィンドウが開きます 「国際会議RD20(クリーンエネルギー技術に関するG20各国の国立研究所等のリーダーによる国際会議)」Webサイトをご確認ください。

3.応募方法等

本会議への参加をご希望の方は、別ウィンドウが開きます 「国際会議RD20(クリーンエネルギー技術に関するG20各国の国立研究所等のリーダーによる国際会議)」Webサイトからお申し込みください。(参加費無料)

参加登録に関するお問い合わせは、上記Webサイトの問い合わせ先よりお願いします。

4. 東京ビヨンド・ゼロ・ウイーク

本年10月、経済産業省は以下6会議を、「東京ビヨンド・ゼロ・ウィーク」として一体的に開催します。

世界全体のカーボンニュートラル、更には過去のストックベースでのCO2削減(「ビヨンド・ゼロ」)を可能とする革新的技術の確立と社会実装を目指す「革新的環境イノベーション」の実現に向け、個別の挑戦課題とこれらを社会実現する道筋・手法について提示するため、関連の国際会議を連続的に開催します。

  • ICEF2020(10月7日から8日)
  • RD20(10月9日)
  • TCFDサミット2020(10月9日)
  • 第9回LNG産消会議(10月12日)
  • カーボンリサイクル産学官国際会議2020(10月13日)
  • 水素閣僚会議(10月14日)

連絡先

NEDO 国際部 担当:伊坂、坂本 E-MAIL:shinkakushin@ml.nedo.go.jp

関連ページ

【分野検索用】国際展開支援