本文へジャンプ

「ロボットサービス・ビジネススクール オンライン講義(NEDO特別講座)」の開催

2016年10月14日

大阪工業大学は、NEDO特別講座(NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開/ロボットの社会実装におけるイノベーション創出人材育成)の一環として、オンライン学習サイト上で講義を実施いたします。

奮ってのご参加をお待ちしております。

開催概要

現在、ロボットが注目されています。いろいろな会社がロボットを新規事業として取り組んでいますが、成功している会社は少ないように思います。ロボットを事業として成功させるのに必要な視点はイノベーションの視点です。この講義ではロボットとイノベーションの関係を整理していきます。

第1回
タイトル ロボットの社会実装とビジネスの考え方
日時 平成28年11月21日(月)19時00分~20時00分
講師 氏名:北垣 和彦 氏
所属:大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター室長

略歴:パナソニックのロボット社長プロジェクトであったロボット事業化推進プロジェクトの事業企画責任者。社内ベンチャー企業の立ち上げ等も経験。NEDOロボット白書執筆メンバー等、ロボットに関する対外活動にも取り組み、2015年1月から大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンターを担当。

概要

1回目では「ロボットの社会実装とビジネスの考え方」ということで、ロボットの定義や要諦、ロボットに関する国の動き、「ロボット革命」「ロボットサービス・イノベーション」について学習していきます。

また、ロボットによるサービスで新規事業にチャレンジしようと考えている電子部品製造企業のプロジェクトリーダーというペルソナを設定し、事業化するための具体的なプロセスや、新規事業を起こしたり、イノベーションを創出するときに大事なこと、儲ける秘訣などを学習していきます。

第2回
タイトル ロボットの社会実装に必要なマーケティングの考え方
日時 平成28年12月5日(月)19時00分~20時00分
講師 氏名:油井 毅 氏
所属:大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター担当係長

略歴:ロボティクス&デザインセンター アカデミックアドミニストレータ。岩谷産業では民生用LPガスのエリアマーケティング、新規営業、M&Aなどを担当。常翔学園広報室を経て、2015年10月から現職。同志社大学大学院総合政策科学研究科技術・革新的経営専攻博士課程修了。博士(技術・革新的経営)。専門は製品・サービスの普及、イノベーション人材育成。

概要

2回目では、ロボットが社会実装されるためには、どのような点に気を付けていけば良いか、マーケティングの観点から学んでいきます。

また日本独自のアプリ市場を世界と比較することで、ロボットを日本で普及するために、どのような手段が有効か等も学習していきます。

受講方法

受講は以下の「受講ページ」よりお申し込みください(外部ページ)。

受講料は無料ですが、オンライン学習サイトへの会員登録(無料)が必要です。

お問い合わせ

大阪工業大学 ロボティクス&デザインセンター
TEL: 06-6180-4083

連絡先

電話番号 044-520-5241
FAX番号 044-520-5243
担当者 坂本、福田、齊藤、綾