本文へジャンプ

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/自動走行システム 「自動運転のある未来ショーケース~あらゆる人に移動の自由を~」の開催

2018年12月27日
情報を更新しました
2019年1月15日 「市民ダイアログ」イベントページとリンクしました。

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動走行システムは、2月6日(水)、7日(木)に、これまで5ヵ年にわたり産学官が連携して取り組んできた研究開発の成果を発信するため、「自動運転のある未来ショーケース~あらゆる人に移動の自由を~」を開催いたします。

1.開催趣旨

SIP自動走行システムは、高度な自動走行システムの実現による事故・渋滞の低減、利便性の向上を目指し、産学官が連携して取り組むべき技術課題の研究開発や実証実験を5ヵ年に渡り取り組んでまいりました。

この度、自動運転技術を実際に利用する方々を対象に、自動運転の現状と未来を知っていただくため、内閣府は関係省庁及び管理法人のNEDOと協力し「自動運転のある未来ショーケース~あらゆる人に移動の自由を~」を開催いたします。

本ショーケースでは、実証実験で利用した実機による体験型の展示や技術者と実用化に係る方々との対話等の機会を提供等することにより、さらなる社会的受容性の醸成と社会実装の加速を図ります。

2.日時・会場

◆ 日時:
2019年2月6日(水)10時30分~17時00分(17時30分 から特別イベント「市民ダイアログ(シンポジウム)」)
2019年2月7日(木)10時00分~17時00分
◆ 会場:
東京・有明 TFTホール(東京都江東区有明3-4-10 TFTビル西館2F)

3.参加方法

◆ 事前登録制(当日参加も可能です)
来場を希望される方はこちらから申込みください。
◆ 入場無料

4.主なコンテンツ

本ショーケースでは、自動運転について専門知識のない方にも興味をもっていただけるよう、専門家による一般向けのガイドツアーや参加体験プログラムをご用意します。

【予定している内容】

  • ダイナミックマップの体験型デモ、交差点での歩行者検知、バス停留所への正着制御体験デモ、ドライビングシミュレーターによる運転引継体験等
  • 自動運転バスの試乗体験
  • 対話イベント「市民ダイアログ(シンポジウム)」を併催

  • 道路情報を統合したダイナミックマップ & 自動運転バスのデモ
    道路情報を統合したダイナミックマップ          自動運転バスのデモ

5.取材について

2月6日(水) 9時30分~10時30分にメディア取材時間を設けています。

取材を希望される方は、下記までご連絡ください。

6.問合せ先

◆ SIP自動走行システムについて
内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付
SIP自動走行システム担当(古賀、畑﨑、竹馬、杉江)
    電話:03-6257-1314(直通)
    FAX:03-3581-9969
◆ NEDOについて
NEDO ロボット・AI部モビリティグループ(水ノ江、福田、林)
    電話:044-520-5247(直通)
    FAX:044-520-5243
◆ 本展示イベント・取材の申し込みについて
SIP-adus SHOWCASE事務局(担当:寺本)
    電話:03-6260-6890
    E-MAIL:info@sip-adus-showcase.or.jp

連絡先

電話番号 044-520-5247­
FAX番号 044-520-5243­
担当者 水ノ江、福田、林