本文へジャンプ

2019年度人工知能学会全国大会(第33回)NEDO企画セッションの開催

NEDO次世代人工知能中核技術 ~人を見守り協働する人工知能の実現に向けて~
2019年4月5日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2019年度人工知能学会全国大会(第33回)で企画セッションを開催します。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

1. 開催日時・会場

日時:
2019年6月6日(木)15時50分~17時30分
会場:
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター O会場
新潟県新潟市中央区万代島6番1号

2. 内容

プログラム(案)

1. プロジェクトの概要と目指すもの

渡邊 恒文(NEDO ロボット・AI部)

2. 人間と相互理解できる次世代人工知能の研究開発概要

麻生 英樹(産業技術総合研究所)

産業技術総合研究所では、NEDO次世代人工知能・ロボット中核技術開発の次世代人工知能技術分野の中核研究拠点として、多くの大学、企業と連携して人間と相互理解できる次世代人工知能の研究開発を実施してきた。この発表では、研究開発内容と、主な成果について概観する。

3. 人を見守る人工知能技術

(1)生活現象の確率モデル化による予測と制御

本村 陽一(産業技術総合研究所)

人工知能の社会実装においては、生活や社会の様々な現象、不確実性に対処することが大きな課題である。ビッグデータから潜在的意味・構造を持つ確率モデルを構築し、生活上のリスクや指標の変動を予測し、さらに良い状態への制御・マネジメントを行う技術の紹介を行う。

(2)動画中の人の動作の理解

竹内 彰一(千葉工業大学)

人の活動を記録した動画の内容を理解する研究について、1)動画中の動作のきめ細かな分類、2)動画内容の日本語による説明文の自動生成、3)動画内容についての質問応答、の3つのトピックを紹介する。本プロジェクトでは、それぞれのタスクを実行する人工知能のモジュールを、深層学習を用いて開発した。発表では、個々の深層学習モデルの解説ならびに、モデルの訓練用に構築したデータセットSTAIR Actions(公開中(一部予定))の詳細について、使い方も含めて紹介する。

4. 人と協働するロボットのための人工知能技術

(1)深層学習を用いた生活支援ロボットの模倣学習

尾形 哲也(早稲田大学/産業技術総合研究所)

様々な環境で、複数のタスクを実行することが求められる生活支援ロボットの実現に向けて開発した、人間による操作事例から得られるデータを用いた深層学習による模倣学習技術を紹介する。衣類や食材の操作、ドアの通過のような、従来の方法では実現が難しいタスクを、少ない回数の教示で学習させることに成功した。

(2)道具の機能認識と生活支援ロボットへの応用

橋本 学 (中京大学)

人間は様々な道具を使いこなして生活している。この発表では、物の形や位置の認識だけでなく、物体の部位が持つ道具としての機能を認識する技術を紹介する。また、その技術を、お茶を点てるなどの、複数の道具を使いこなすタスクを自律的に実行する生活支援ロボットに応用した事例も紹介する。

5. ディスカッション

3. お申込み方法

人工知能学会全国大会への聴講参加申し込みが必要です。

連絡先

電話番号 044-520-5242­
担当者 ロボット・AI部 「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」 渡邊、鈴木