本文へジャンプ

「ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト」最終成果報告会の開催

2019年12月27日
情報を更新しました
2020年1月28日 プログラムを更新しました。
2020年1月24日 プログラムを更新しました。

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、ロボット革命実現会議が取りまとめた『ロボット新戦略』を受けて、ロボット未活用領域であるものづくり分野とサービス分野をターゲットとした技術開発を進めてきました。2015年度からは助成事業としてロボットを導入する業種・分野・工程の拡大を目指した新技術の開発を、2017年度からは委託事業としてロボットのプラットフォーム化技術開発により「Easy to use / Easy to develop」を目指しました。今年度はプロジェクト最終年度に当たり、これまでの研究開発成果を振り返り、プロジェクト成果の今後の展開について議論することを目的とした成果報告会を開催します。

開催日時・会場

2020年1月29日(水)
開催時間:
10時00分~16時00分
ベルサール新宿セントラルパーク
〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-13-1 新宿セントラルパークシティ内
住友不動産新宿セントラルパークビル 1階
別ウィンドウが開きます アクセスマップ

主催等

  • 主催: モノづくり日本会議 日刊工業新聞社
  • 共催: 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構

プログラム

1.講演(10時00分~14時30分)

時間 項目 講演者
10時00分~
10時05分
オープニング 経済産業省 製造産業局 産業機械課 ロボット政策室 課長補佐(総括)
福澤 秀典 氏
10時05分~
10時20分
国内外におけるロボット未活用領域へのロボット導入の現状 株式会社NTTデータ経営研究所
先端技術戦略センター長
産業戦略グループ長 パートナー
三治 信一朗 氏
10時20分~
10時35分
ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト委託事業紹介 プロジェクトリーダー
国立研究開発法人産業技術総合研究所
ロボットイノベーション研究センター
ロボットソフトウェアプラットフォーム研究チーム長
安藤 慶昭 氏
10時35分~
10時50分
ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト 委託事業ソフトウェアコンソーシアム成果紹介 ソフトウェアコンソーシアム サブプロジェクトリーダー
国立大学法人東京大学 大学院情報理工学研究科 教授
岡田 慧 氏
10時50分~
11時05分
ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト 委託事業ハードウェアコンソーシアム成果紹介 ハードウェアコンソーシアム サブプロジェクトリーダー
国立大学法人埼玉大学 大学院理工学研究科 准教授
琴坂 信哉 氏
11時05分~
11時55分
パネルディスカッション:
「プラットフォーム化ロボット及びオープンソースソフトウェアOSS活用の展開と期待」
■ファシリテーター:
株式会社NTTデータ 経営研究所
先端技術戦略センター長 産業戦略グループ長 パートナー
三治 信一朗 氏
■パネラー:
キューピー株式会社 生産本部 生産技術部 未来技術推進担当 部長
荻野 武 氏
OSARO, Inc.
Robotics Software Engineer, Head of Deployment
河本 和宏 氏
国立大学法人埼玉大学 大学院理工学研究科 准教授
琴坂 信哉 氏
株式会社東芝 研究開発センター 機械・システムラボラトリー 主任研究員
山本 大介 氏
11時55分~
12時00分
中締め 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
12時00分~
13時30分
休憩
13時30分~
13時40分
ロボット活用型市場化適用技術開発プロジェクト助成事業紹介 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合研究開発機構 ロボット・AI部
安田 賢一 主査
13時40分~
14時25分
助成事業成果報告
〔1〕軽作業用パワーアシストスーツ(PAS)の試作開発と評価
「あうんの呼吸でうごくロボットを着よう」
〔2〕測量用長時間飛行型マルチコプターロボットの技術開発
〔3〕再生医療バックヤード対応ロボットシステムの開発
「コンパクト完全自動細胞培養装置 脂肪組織から間葉系幹細胞シリンジ製剤化まで」
〔4〕コンテナ用クランプバンド脱着システムの開発
〔5〕ワイヤーハーネス製造自動化の実用化技術開発
〔6〕多様な部品の組立用柔軟ロボットハンドシステム開発
〔1〕株式会社ATOUN
〔2〕TEAD株式会社・株式会社石川エナジーリサーチ
〔3〕株式会社アニマルステムセル・株式会社デンソーウェーブ
〔4〕OMC株式会社
〔5〕株式会社オートネットワーク技術研究所・住友電装株式会社
〔6〕三菱電機株式会社
14時25分~
14時30分
クロージング 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構

2.ポスター・デモ展示(12時00分~16時00分)

■委託事業 ソフトウェアコンソーシアム
タイトル 事業者
ソフトウェアの再利用性・相互運用性向上によるプラットフォーム化技術開発 国立研究開発法人産業技術総合研究所
ロボットイノベーション研究センター
オープンソースロボットソフトウェアのプラットフォーム化技術開発 国立大学法人東京大学 情報システム工学研究室
一般社団法人 東京オープンソースロボティクス協会
ROS on eMCOS イーソル株式会社
安全なロボットを開発するための安全化対応ガイド 一般財団法人日本品質保証機構
ロボットイノベーションWG調査検討委員会活動紹介  
■委託事業 ハードウェアコンソーシアム
タイトル 事業者
【作業ロボット】
可搬セル作業システムプラットフォーム「どこでもセル」 カワダロボティクス株式会社
マテハンロボットシステムプラットフォーム 富士ソフト株式会社・
日本電産株式会社
「目」と「手」を教えるロボットビジョン(YCAM3D/VT) 株式会社YOODS
人協働ロボット「duAro」を使用した食品業界向けシステム 川崎重工業株式会社
【移動ロボット】
汎用自律走行ロボットプラットフォームの実現 高可搬走行ユニット 株式会社東芝
等身大汎用人型プラットフォームロボット「SEED-R7シリーズ」 THK株式会社
屋内の人共存環境下で安全に利用可能な自律移動プラットフォーム パナソニック株式会社
【サービスロボット】
搬送・軽作業プラットフォームロボット「SEED-R8」 THK株式会社
サービスロボット向けソフトウェアプラットフォーム 株式会社セック
小売店舗での軽作業向けサービスロボットシステムの開発 名城大学
■助成事業
タイトル 事業者
パワードウェア(腰+腕)の試作開発と評価 株式会社ATOUN

講演内容は事前の予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。

参加申し込み方法

参加費 : 無料

申し込みは、以下のモノづくり日本会議 公式サイトから行ってください。

連絡先

電話番号 044-520-5244­
担当者 ロボット・AI部 堀田、茂手木