本文へジャンプ

「NEDO革新的新構造材料等研究開発プロジェクトシンポジウム」の開催
持続可能な社会に向けた輸送機器の軽量化―マルチマテリアル化の実態と展望―

2020年9月18日

情報を更新しました
2020年10月16日 事前登録後にご利用頂けるシンポジウムセミナー会場へのリンクを掲載しました。

日本、欧米など各国でCO2排出(燃費)規制強化が進んでいる中、我が国でも総エネルギー消費の約20%を輸送機器(このうち約90%が自動車、約4%が鉄道)が消費しており、燃費改善に効果的な車体軽量化が望まれています。NEDO「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトでは、実用性を踏まえた軽量部素材の開発による輸送機器のマルチマテリアル化に取り組んでいます。本シンポジウムでは、マルチマテリアル化の実態と展望についての基調講演と共に、本プロジェクトの成果と今後の展開について概観します。

1.公開日時・方法

公開日:
10月14日(水)10時00分 ~ 11月13日(金)17時00分
公 開:
YouTube(SAMPE Japan 先端材料技術展2020 ONLINE)

2. 主催等

主催:
モノづくり日本会議
共催:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

3. プログラム

NEDO挨拶 開会挨拶
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事 今井 淨
新構造材料
技術研究組合   挨拶
挨拶
新構造材料技術研究組合
理事長 岸 輝雄 氏
基調講演 ■基調講演 
「自動車におけるマルチマテリアル化の実態と展望」
日産自動車株式会社 車体技術開発部 千葉 晃司 氏
プロジェクト
紹介
■「革新的新構造材料等研究開発」プロジェクトについて
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 
材料・ナノテクノロジー部 主査 伊東 寿
講演1 ■マルチマテリアル接合技術
「革新的FSWによる超ハイテンテーラード・ブランク部材の開発」
JFEスチール株式会社
スチール研究所 接合・強度研究部 主任研究員 松下 宗生 氏
講演2 ■マルチマテリアル接合設計
「接合技術の最適化に向けた継手性能データベースについて」
国立大学法人 大阪大学 接合科学研究所 准教授 芹澤 久 氏
講演3 ■革新的材料開発
「革新的マグネシウム材の輸送機器への適用技術開発について」
国立研究開発法人産業技術総合研究所 マルチマテリアル研究部門
軽量金属設計グループ 研究グループ長 千野 靖正 氏
  • プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。

4. 参加申し込み方法

参加費:無料

事前登録は下記URLから行ってください。

連絡先

電話番号 044-520-5220­
FAX番号 044-520-5223­
担当者 NEDO 材料・ナノテクノロジー部 小川、廣井、伊東

関連ページ

【分野検索用】材料・部材