本文へジャンプ

「2019年度 NEDO『TSC Foresight』セミナー(第1回)」の開催

2019年6月12日
情報を更新しました
2019年6月24日 パネリストの情報を更新しました。

概要

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は、「2019年度 NEDO『TSC Foresight』セミナー(第1回)」を下記のとおり開催します。

技術戦略研究センター(Technology Strategy Center、以下「TSC」という。)は、国内外の技術動向や産業動向、政策動向等の調査・研究を通じて、エネルギー・環境技術分野や産業技術分野の技術戦略の策定及び技術戦略に基づくプロジェクトの企画立案等に取り組んでいます。

今回のセミナーでは、TSCが調査した「AIを活用したシステムデザイン(AASD)技術」について、技術の置かれた状況や技術課題をまとめた技術レポート『TSC Foresight』を公開するとともに、TSCの活動内容の紹介、有識者による最新技術についてのご講演及び将来の方向性について、討議を行います。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

1.開催日時

2019年7月12日(金) 13時00分から17時00分まで (受付開始:12時30分)

2.開催会場

イイノホール&カンファレンスセンター Room A

〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-1-1

3.プログラム

AIを活用したシステムデザイン(AASD)分野の技術開発の方向性について

時間 内容
13時00分~13時10分 開会挨拶
13時10分~13時15分 来賓挨拶
13時15分~13時35分 『TSC Foresight システムデザイン』概要
山本知幸(NEDO TSC 新領域・融合ユニット(ロボット・AI) 研究員
13時35分~14時20分 基調講演:構造化文書とソサエティ5.0
橋田浩一(国立大学法人東京大学 大学院情報理工学系研究科
ソーシャルICT研究センター 教授、TSCフェロー)
14時20分~15時00分 招待講演:AIを応用した暗黙知の活用に関して
山本直人(KPMGコンサルティング株式会社 SGI AIT ディレクター)
15時00分~15時15分 休憩 15分
15時15分~15時55分 招待講演:自然言語理解技術の動向
戸次大介(国立大学法人お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系
准教授)
15時55分~16時55分 パネルディスカッション
テーマ:知識の活用が支える日本のものづくり
モデレータ:
  髙木宗谷(TSCフェロー)
パネリスト:
  橋田浩一(国立大学法人東京大学 大学院情報理工学系研究科
ソーシャルICT研究センター 教授、TSCフェロー)
  戸次大介(国立大学法人お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系
准教授)
  服部正敬(トヨタ自動車株式会社 計測・デジタル基盤改革部
電動化CAE技術推進室 室長)
  河本桂二(日産自動車株式会社 パワートレイン・EV技術開発本部 主管)
  足立秀幸(株式会社本田技術研究所 オートモービルセンター
開発プロセス改革室 主任研究員)
  山本知幸(NEDO TSC 新領域・融合ユニット(ロボット・AI) 研究員)
16時55分~17時00分 閉会挨拶

※ 講演者、パネリスト、講演内容等は変更になる可能性があります。

4.お申し込み方法

参加費は無料ですが、事前登録が必要です。

以下の『お申し込みページ』からお申し込み下さい。

  • ※ お申し込み期限: 2019年7月11日(木)  16時00分
  • ※ 定員に達した場合、お申し込みを締め切る場合がございます。

5.個人情報

取得した個人情報は、セミナーの参加申し込みに関する連絡等に利用します。また、弊機構が開催するセミナーのご案内等に利用することがあります。

なお、ご提供いただいた個人情報は上記の目的以外で利用することはありません。(但し、法令等により提供を求められた場合を除きます。)

連絡先

電話番号 044-520-5150­
担当者 技術戦略研究センター 大久保、大石