本文へジャンプ

2022年度NEDO先導研究プログラム報告会~社会実装に向けたマネジメントとは~の開催(会場+オンライン)

2023年1月24日

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構は、有望な技術の原石を発掘し、将来の国家プロジェクト等に繋げていくことを目的とした「NEDO先導研究プログラム」を2014年度より行っています。これまで319テーマを実施し、国家プロジェクト、そしてその後の社会実装に繋がる数多くの成果を出してまいりました。

今般、本プログラムにおけるこれまでの取組を振り返り、産学連携による社会実装に向けた研究開発成果を紹介するための報告会を開催します。特に、本報告会では、プログラムの参加者から、具体的な事例紹介とともに、社会実装に向けて本プログラムから国家プロジェクト等の次のステップに段階を進めるためにどのようなマネジメントを行ったのかを紹介いただきます。また、ご報告の後に行うセッションを通じて、マネジメントで工夫した点、苦心した点などを議論いただきます。

今後、本プログラムへの参画を検討されている大学・企業の方々におかれましては、ぜひご聴講いただけますと幸甚に存じます。

なお、本報告会は、モノづくり日本会議との共催により行い、新型コロナウイルス感染症対策に配慮し、会場およびオンラインによるハイブリッド開催をいたします。

開催日時・会場

日:
2023年2月8日(水)
開催時間:
13時00分~17時00分(アクセスは12時45分から可能になります。)
催:
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
モノづくり日本会議
式:
ハイブリッド形式
■会場
場所:ベルサール虎ノ門 2階ホール(東京都港区虎ノ門2-2-1住友不動産虎ノ門タワー)
定員:100名
■オンライン
視聴ツール:Cisco Webex Events(専用アプリ(無料)のダウンロードが必要です)
定員:300名
容:
  • ■講演:
  • 講演1大容量、省電力、低遅延を実現する革新的プラスチック光ファイバー
    (慶應義塾大学 教授 小池 康博 氏)
  • 講演2xRの真の社会実装に必要な調和的認知インタラクションデザイン技術の開発~人材不足・多様性受容・働き方改革に挑む~
    (産業技術総合研究所 主任研究員 大山 潤爾 氏)
  • 講演3革新的な省エネルギー型データベース問合せコンパイラの研究開発~データ基盤もエネルギー競争の時代へ~
    (東京大学 准教授 合田 和生 氏)
  • 講演4アルミニウム素材の高度資源循環システム構築~カーボンニュートラル社会実現に向けて~
    (東京工業大学 名誉教授 熊井 真次 氏)
  • 講演5土木建設分野での土砂運搬機械のロボット化技術の開発
    (三洋テクニックス株式会社 代表取締役社長 浅野 公隆 氏/東北大学 特任教授 鈴木 高宏 氏)
  • 講演6燃焼器から排出される窒素酸化物からのアンモニア創出プロセス開発
    (東京大学 教授 小倉 賢 氏)
  • ■講演者によるセッション

開催概要・参加方法

開催概要及び参加方法につきましては、下記のサイトをご参照ください。参加には事前登録が必要です。(参加費無料)

別ウィンドウが開きます第42回新産業技術促進検討会シンポジウム「2022年度NEDO先導研究プログラム報告会~社会実装に向けたマネジメントとは~」(会場+オンライン)

なお、以下の点についてご注意ください。

  • *お申し込み期限2023年2月7日(火)13時まで
  • *申し込みが一定人数を超える場合、期限前に締め切ることがございます。

個人情報のお取り扱い

取得した個人情報は、セミナーの参加申し込みに関する連絡等に利用します。また、弊機構が開催するセミナーのご案内等に利用することがあります。なお、ご提供いただいた個人情報は上記の目的以外で利用することはありません(但し、法令等により提供を求められた場合を除きます)。

参考

現在、NEDO先導研究プログラムに係る公募を行っております。公募への応募を検討されている方は、こちらをご覧下さい。

連絡先

電話番号 044-520-5174
担当者 新領域・ムーンショット部フロンティアグループ 鬼頭、水口

関連ページ

【分野検索用】分野横断的公募事業