本文へジャンプ

NEDOが取り組む技術開発フィールド

産業技術分野

ロボット・AI技術

ロボット/ドローン/人工知能(AI)/航空機電動化/自動運転

  • 茶道に使う道具の種類や機能を認識し、次に何をどう扱えばいいかを人工知能で自律的に判断する「お茶をたてるロボット」写真
    茶道に使う道具の種類や機能を認識し、次に何をどう扱えばいいかを人工知能で自律的に判断する「お茶をたてるロボット」
  • ロボットテストフィールドのドローン運行及び自動運転実証試験の写真

ロボットの利用拡大に向けた新しいコンセプトの産業用ロボットの開発や実証、ロボット導入コストの低減に向けたプラットフォームの普及を進めている他、急速に普及するドローンについて、安全に活用できる社会の実現に向けた環境の整備に取り組んでいます。人工知能(AI)技術についても、「生産性」、「健康、医療・介護」、「空間の移動」の重点分野におけるAI技術の社会実装、人と共に進化するAIシステムやAIを活用した自律・リモート操作技術といった次世代AI技術の開発に挑戦するなど、Society5.0の実現に向けた研究開発を推進します。さらに、最新の航空機用電動推進システムの研究開発、交通事故低減・交通渋滞削減などを目指した自動運転技術の開発等に取り組みます。

IoT・電子・情報技術

IoT(Internet of Things)/コンピューティング/パワー半導体/光エレクトロニクス

  • IoT等の実証写真

IoT・AI・ビッグデータを活用し社会の課題を解決するため、実社会のデータを収集し、蓄積、解析、制御・サービスとして実社会への適用・フィードバックを行う各段階での研究開発を実施しています。また、省電力・高速処理を可能にする電子デバイスや、全ての段階におけるセキュリティ確保を柱とした分野横断的な技術開発など、ハード・ソフトの両面から推進しています。

IoTを活用する事業者、研究機関、企業などと連携し、個別の技術開発のみならず、既存のビジネスにとらわれない新しい事業や社会課題解決につながるサービスを生み出し、IoTの社会実装に貢献します。

ものづくり技術

次世代レーザー/積層造形

  • 青色半導体レーザー複合加工機の写真
    青色半導体レーザー複合加工機

エネルギー消費を大幅に削減できる少量多品種生産に対応した製造システムや、サイバー空間を活用した新たな製造システム等の実用化に向けた研究開発に取り組んでいます。具体的には、高効率かつ高輝度なレーザーによる加工技術や、高付加価値な部品等の製造に適した三次元積層造形技術(3Dプリンター)等の開発と社会実装を推進し、「Society 5.0」の実現を支えます。

材料・ナノテクノロジー

構造材料/機能性材料/モーター/化学品製造/センシング

  • 実験にAI活用したフレキシブル透明フィルム開発の写真
    実験にAI活用した
    フレキシブル透明フィルム開発

金属・樹脂・セラミックスをはじめとする日本の材料産業は、世界的に高い技術力を有しており、製造業全体を支える重要な基幹産業となっています。ナノテクノロジー(物質の構造をナノ領域(10-9m)で制御する技術)を材料開発に生かしつつ、川上・川下産業、異分野異業種の連携を図り、革新的な材料を創出することで、日本の産業技術力強化を目指しています。

バイオテクノロジー

セルロースナノファイバー(CNF)/スマートセル/海洋生分解性プラスチック

  • 共焦点レーザー顕微鏡システムの写真
  • ナノファイバーの写真

近年のバイオテクノロジーの革新により、日本においても当該分野での競争力強化が急務となっています。将来の石油枯渇リスク等に備え、セルロースナノファイバーを用いた樹脂複合材料等の関連技術開発、海洋生分解性プラスチックの社会実装に向けた技術開発、植物・微生物等の物質生産機能を制御・改変して最大限に高めることで効率的に高機能製品を生産するスマートセル技術の開発等に取り組んでいます。

最終更新日:2021年4月1日