本文へジャンプ

決定 「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発」に係る実施体制の決定について

2016年5月18日

概要

技術・事業分野 蓄電池 プロジェクトコード P16001
事業名 革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発
事業分類 研究(委託、共同研究、助成)
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 スマートコミュニティ部 蓄電技術開発室
担当者:木内、安井、臼田
FAX:044-520-5263

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、平成28年1月18日から平成28年2月16日にかけて「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発」に係る公募を実施し、厳正な審査の結果、別紙1の通り委託予定先を決定いたしました。

なお、採択審査委員会委員一覧は別紙2の通りです。

1.件名

「革新型蓄電池実用化促進基盤技術開発」に係る実施体制の決定について

2.事業内容

自動車の燃費・排ガス規制強化の世界的な動きと我が国の環境・エネルギー制約に対応するには、エネルギー効率の向上やCO2排出量削減につながる電気自動車(EV)の普及促進が重要です。これに対して、ガソリン車並みの走行性能を有する普及価格帯のEVを実現するためには、リチウムイオン電池の性能を凌駕する革新型蓄電池の実用化が必要です。

そこで、本事業では、2030年の車載化を目指し、革新型蓄電池の実用化を促進する共通基盤技術を産学の連携・協調により開発します。

3.委託予定先

別紙1の通り

4.事業期間

平成28年度~平成32年度

資料

Adobe Readerを入手する