本文へジャンプ

決定 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムと サービスの拡張)」のうち、「自動運転による交通事故低減等へのインパクトに関する研究」に係る実施体制の決定について

2019年1月10日

概要

技術・事業分野 ロボット・AI プロジェクトコード P18012
事業名 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)
事業分類 調査等
対象者 企業(団体等を含む)
大学等
問い合わせ先 ロボット・AI部 モビリティグループ
担当者:古賀、福田、水ノ江、林
TEL:044-520-5247   FAX:044-520-5243

詳細

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)は「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期 自動運転(システムとサービスの拡張)」のうち、「自動運転による交通事故低減等へのインパクトに関する研究」に係る公募を実施し、ご提案いただいた2件の提案について、NEDO内の審査を経て、以下のとおり委託予定先を決定いたしました。

1.件名

「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/自動運転(システムとサービスの拡張)」のうち、「自動運転による交通事故低減等へのインパクトに関する研究」

2.事業内容

自動運転の技術レベルや普及状況などの動向を踏まえ、日本としての長期ビジョンを整理した上で、交通事故低減、CO2排出量削減、交通渋滞への影響等のインパクトの整理・定量的提示を行い、自動運転がもたらす効用と潜在リスクについてのオープンな議論の材料を提供する。

3.委託予定先

  • 国立大学法人東京大学
  • 学校法人同志社

4.事業期間

2018年度~2020年度(3年間)